荒川光のブログ

日々の生活のなかで感じたこと、思ったこと、考えたことを気軽に書いていくブログです。

「ねこふんじゃった」という恐ろしい歌がある

誰もが子供の頃に「ねこふんじゃった」という歌を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

猫を飼っている人は、時々この歌を思い出すことがありませんか?

実は私もそうなのですが、どんな時に思い出すかというと、猫を踏んでしまいそうになった時なのです。

 

例えば私が台所で食事の準備をしている時、ちょっと冷蔵庫の中のものを取ろうと一歩足を踏み出そうとしたら、そこに猫のピヨピヨ(仮名)が寝そべっていてヒヤッとするということがたまにあります。

「危ないなぁ、ピヨピヨ! さっきまで隣の部屋にいたはずなのに、いつの間に!」という感じです。

 

幸い猫を踏んでしまったことは1度もありませんが、ドキッとしたことは何度かあるのです。

  

さてここでちょっと考えていただきたいのですが、もしも床の上に寝ている猫を踏んでしまったら、猫はどうなるのでしょうか?

 

とても想像したくないことですが、心を鬼にして、できるだけ具体的に思い描いていただけますか?

私もやってみます。

 

スフィンクスのような格好ですわっている猫の背中を踏む。背骨はメキっという音を立てて折れ、足の裏にボキッと折れる背骨の関節を感じます。内臓は潰れて、口と肛門から内臓が飛び出す。猫はうめきながら転げ回って苦しみます。

 

そして死ぬでしょう。

 

こんな残酷な場面を描写して、気分を悪くされた方、申し訳ございませんでした。

 

私はこの記事で、猫は人間の体重で踏まれると死ぬという事実を、あらためて直視したかったのです。

 

猫は飼い主に踏まれるという可能性を考えていないと思います。

人間のことを誤って猫を踏んでしまうほど愚頓な動物だとは思っていないのではないでしょうか。

自分と同じように敏捷で、瞬時の判断力に長けた生き物だと信じているのではないでしようか。

なぜなら自分がそうなのだから。

 

獲物を追いかけたり、逆に敵から逃げたりする時、もの凄いスピードで走ったり跳んだりしながらも、猫は自分が踏みしめる地面の状態をよく見て、次々に判断を下しながら行動していると、私は自分の観察から思います。

 

そんな猫ですから、人間のことを冷蔵庫の扉を開けるために一歩足を踏み出す程度のことで、足元にいる猫に気づかずに踏んでしまうほど間抜けな動物だなどと、露ほども考えていないのではないでしょうか?

 

しかしながら人間は、そのような点においては猫にはるかに及ばないほど劣っているのです。

猫が生まれながらにしていとも簡単にやってのけることを、人間はできません。逆もまたしかりですが。

 

猫を踏むことを想像するとゾッとするのは、猫の苦しみと死のためばかりではありません。

「なぜ?」という疑問を猫に抱かせたまま死なせてしまうという、悔やみきれない結果となるからなのです。

さっきまで優しかったご主人様が、なぜ私を踏んだのか?

猫には分かりません。

「過失」ということを猫は理解できないのです。

断末魔の猫に「なぜ?」という目で見つめられたなら、私にはとても目を合わせることなどできないでしょう。

 

 

前置きがずいぶん長くなってしまいましたが、冒頭でも触れた「ねこふんじゃった」という歌について。

 

ちょっと調べてみたところ、この曲は作曲者不詳で、世界で約28種類の曲名がつけられており、国や地域ごとに様々な歌詞で歌われているそうです。

日本でもいろんな方がこの曲に作詞されているそうですが、中でも一番有名なのは、NHKみんなのうた」でも使われた阪田寛夫さんという方の歌詞でしょう。

 

私は長い間多くの人々に愛誦されてきたこの歴史ある歌を、残酷な歌詞ゆえに批判しようなどという気持ちはありません。

「これっぽっちもありません」と書かなかった理由は「これっぽっち」くらいは実はあるからなのですが、それはひとまず置いておいて、私が疑問に思ったのはこの作詞家の方はどうしてこんな歌を作られたのかということです。

 

歌詞の1番2番を通して見てみましたが、何のオチもなく、ユーモアもなく、笑うこともできません。

歌ってみても、まったく楽しい気持ちになりません。

そしてこの歌からは猫に対する愛情を髪の毛ほども感じることができないのです。

 

きっとこの作詞家の方は猫が嫌いだったのではないかと推察します。

猫好きな人だったならたとえいくら語呂が良くて、言葉遊びとして面白く、口ずさんで楽しかろうとも、こんな歌詞は書けないと思うのです。

(もっともこの歌は歌詞の意味を度外視したとしても、語調に品がなく、歯切れも悪く、音声的な美感もない低級なものですが)

 

こんな歌詞を喜んで口にする大衆というのは一体どんな野蛮人たちなのでしょうか?

こんな歌がウケるんだったら「猫ふんじゃった猫ふんじゃった」の代わりに「犬の首切っちゃった、犬の首切っちゃった」も楽しいだろうし、「ウサギの目えぐった、ウサギの目えぐった」だって愉快なのではないでしょうか?

 

しかしながらこの歌は、言うほど世間に知られているわけではありません。

その証拠に私も含めてほとんどの人は出だしの「ねこふんじゃった、ねこふんじゃった」の16文字しかそらんじることができないのです。

その後を続けて歌うことができません。

歌う理由も必要もないし、歌う喜びがないからなのです。

だったら出だしだって口にしなくてもよいようなものですが、親から聞かされたのか学校で教えられたのか、幼少期の純粋無垢な頭にすりこまれたこの忌々しい歌は、それから40年もたった今になってもひょんなきっかけで私の脳裏に浮かび上がってくるのですから困ったものです。

 

作詞をした阪田寛夫さんは小説家でもあり、芥川賞川端康成文学賞の受賞歴もあるとのこと。

こんなテキトーに考えて作ったような歌詞を世に出すなんて、何かのっぴきならない事情があったのかもしれません。

半分ふざけたような歌詞を依頼されたとか、借金のためにその場で1分で作ることを要求されたとか。

 

一体どんな小説をお書きになられたのか、ちょっと興味が湧いてきました。

もしかしたらこの歌には、今の私には理解できない深い世界観が表現されているのかもしれません(ないと思うけど)。

「ねこふんじゃった」を軽率にも批判するという過ちを犯した浅はかな自分を、許せないほど後悔する日がいつか来るのかも(来ないと思うけど)。

 

子供の頃に「ねこふんじゃった、ねこふんじゃった」と口ずさみながら、私は幼いながらも何か「これはちょっと自分に合わない」というような違和感を感じていたのでした。

しかしその頃の私には心の中のそのモヤモヤの正体が分かりませんでした。「違和感」という言葉を知るにいたって初めて、その時の心の状態を言語的に把握できるようになったのです。

そして猫と一緒に暮らすようになって、ハッキリと分かったのです。

「猫を踏むなんて、恐ろしいことだ!」

 

いつの日か誰か才能のある人がこの歌詞の別バージョンを作り、それが話題になり、人口に膾炙し、本家を凌いでこの曲のスタンダードとならんことを!

そして私たちのひ孫の代には子供たちがみんなその新しい歌を歌う日が来ますように!

 

 

さっきから偉そうなこと言ってるけどお前はどうなんだ、という声も聞こえてきそうなので、私も恥さらしにちょっと作詞に挑戦してみました。

こんなのどうでしょうか?

 

「猫フンしちゃった、猫フンしちゃった、猫まーくらもーとにフンしちゃった」

最低ですね。